担降りしそうな話

私の10数年の人生の中で、一番大好きで、この人しかいない、そう感じて、時間もお金も一番かけてきた。

 

そんな推しを担降りしそうです。

 

 

理由は一つじゃなくて、色々ある。

事務所と所属ユニットの運営への不満、その事務所に好き好んで残る推し、好きなのにどうしても推しの番組を体が受け付けなくて、無駄に4ヶ月課金し続けて1度も見なかったり、義務感で現場に行ってリプ送ってって、頑張ってたけど最近は全然オタクしてて幸せだという感情が湧かなかった。

 

元々私の応援してたユニットは運営がなかなかやばいところで、現場は楽しかったり楽しくなかったり、時と場合で本当に違う感じだった。

けど最近は、行って良かった、お金を払って良かったって思えることが本当に減ってた。

 

 

1年ぶりだったワンマンライブ。

去年が1stで、今年が2ndだった。

去年はめちゃくちゃキャパが狭くて、必死になってチケットの交換探して、やっとの思いで両部参戦して、「あぁ応援してて良かった、これからもこの子達のために生きていきたい」心の底からそう思えた。

 

でも今年は本当にネットでの評判も悪かったし、私自身もそんなに心を動かされなかった。

メンバーのみんなが頑張ってることはわかる、パフォーマンスだって、歌と踊りが本業じゃないのに前よりすごくハイレベルになってたし、とにかくオタクの語彙じゃ表せないくらいすごかった。

 

なのに音響が酷かったり、なんの面白みもないステージ構成だったり、セトリも去年より2曲増えただけだし、グッズも微妙だし、何が変わったの?と言われたら何も言えないくらい、運営からの愛なんて何も感じられなかった。

こういうことしてれば喜ぶんでしょ、お前らは金を落とすんだろ、そういう感情が見え見えだった。

 

 

そして、ユニット活動がもちろん全てじゃなくて、推しには本業が別であるしそっちの活動も忙しくなってた。

 

数年応援してた推しの急成長が本当に嬉しくて、必死になって応援した。

CDたくさん買ってリリイベも応募した、外れたりもしたけど数回は当たって参加した。

バースデーイベントだって行った。

受験生で忙しくてバイト辞めてたけど、必死になってお金貯めて、全部推しの為に使った。

 

勿論会えば好きだなぁだと感じたし、それなりに本気で好きだったから、どんなにモチベ低くても会うと沸いたし、バースデーイベントで今まで応援してくれたみんなありがとうみたいな話聞いた時は、本当に涙止まらなくて帰りの電車まで泣いてた。

 

でもふと冷静になって色々考えた時に、なんか、あれ……?って気持ちになった。

色々あるんだけどちょっと頭の中ごちゃごちゃしてるからとりあえず今思うことを書くと、推しの同業者のツイートとか見てて、「お手紙やプレゼントいつもありがとうございます!」とか「お花ありがとうございます!」「〜〜が嬉しかったです」とか、感謝の言葉があっていいなぁっていつも思ってた。

でもこれって正直な話当たり前というか、人に感謝するって大切なことじゃない?

なんか、バースデーイベントで推しに言われて嬉しかったのって、今までそういうのがない人だったから嬉しくて泣いてたけど、普段一度も推しから感謝されたことないよね?って。

私の推しは本当にそういうことを言わない人だった。

それが当たり前だった。

 

でも、ふと寂しい想いになった時とか、自分の中で色々考えた時に、私がいることって死ぬほど意味無かったんじゃないかなって感じた。

そうだよ、その通りだよって、皆さんは思うかもしれません。

でもその時の私は、自分の存在意義を推しという存在を作ることででっち上げてたんです。

 

私は推しを応援してる、少なくとも推しを支えてるところがある、だから私は推しを今後も応援する為に居る必要がある、って。

でも感謝されてないんだなって気付いた時に、あぁ私って居る意味ないんだっだなって。

今まで無駄に応援しててごめんなさいって感じた。

 

そんな推しのことだって思ったら、言ってる言葉全てが信じられなくなっちゃって、心の中がどうしようもなくなってしまった。

 

 

世界一好きだった、貴方しかいなかった、貴方の為に生きていきたいと思った、心に誓った。

学生生活の青春と呼べそうな時間は殆ど貴方に捧げてた。

でも結局貴方はあの運営と同じで、お金を落としてもらえればそれで良かったんだよね。

お世辞でも感謝は無かったんだよね。

感謝がなくても付いてくるオタクだけでここまで登ってきた、そういうことなんだよね。

 

 

今まで幸せだって笑顔だって、数え切れないほどもらった。

だから嫌いになることなんて出来ない。

きっとずっと、心の中で推しだった好きだったその事実は残り続ける。

けど、もう昔と同じ気持ちでは居れないと思う。

こんなのオタクの我儘だし、クズみたいな文章だってわかってる。けど、でも、私の頑張ってた数年間はなんだったんだろう。

 

運営には元から期待なんてなかったけど、推しには期待してた自分がいたのかもしれない。

それは好きだったから、推しだったから、そんな言葉で片付ければ簡単なもの。

けれど、重苦しくて、気持ち悪い、ただの押し付けだったんだって、分かっていたから、分かるから、自分が全て間違ってたで終わらせる。

 

 

楽しかった時間をありがとうって、いつか笑顔で会えたらな。

結局何が言いたいか分からなくなっちゃった。

でもとにかく、貴方を応援してた数年間を無駄だったとは思いたくないから、これからの活躍もどこかで密かに応援しています。

大好きでした。

さらざんまいがしんどい話

こんにちは、お久しぶりofお久しぶりです。

みゅれです。

 

年度末と年度始めの忙しさも過ぎ、心に落ち着きを取り戻し始めたところでとてつもない爆弾作品に出会ってしまいました。

 

タイトルにもありますが、「さらざんまい」です。

 

春アニメとしてノイタミナ枠で4月から始まったこの作品ですが、まず初見15分の感想は意味が分からない。

本当に素直にスピーディーすぎて何も分からなかった。

ただ、急に歌い出す感じとか、変身して戦う感じとか、どちゃくそに好みだったし、見終わった時の “つまりこれがこういうことであってるのか?” っていう考えなきゃいけないアニメの感覚がすごい久々で気持ちよかった。

話の中の小さな伏線とか、見れば見るほどこれもそうなんじゃ…?と見つかる気がして、1話は2話の放送までに5回見てた。

たくさんの考察とかも見ていく中でなるほどと思うことも多くて、それを確かめるように見るのが本当に楽しさしかなかった…

 

あとね、何回見ても作画が最高…映画なんじゃないかってくらい最高の作画…これ地上波で流しちゃってるのやばすぎる…

あと中学生男子が主人公なの最高じゃん…

怪物倒すと、3人で心が一つになって意識共有しちゃうとか何それ激エモフィーバーって感じ…

そしてバレる主人公の女装…

誰かと繋がっていたい為とはいえ、中学生が毎日女装して自撮りを撮っているという…

それを知ってしまう親友と転校生…

 

もう私には何も言えないので、とりあえず未履修の方はぜひ見てください。

ニコニコとフジテレビオンデマンドで公式無料配信されてます。

 

とりあえず見てください。

お願いします。

 

 

〜〜以下2話ネタバレ含みます〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

そして迎えた2話。

気になりすぎて勢いでリアタイ視聴。

 

いや春カッパ家族だったんか〜い!

しかも弟〜〜〜!男〜〜〜!

最初の5分で情報量多すぎる〜〜!

 

あと久慈兄弟がかっこいい。

やばい職辞めてモデルか役者かやろうよ、私が推すから(?)

 

さらに一希くんと悠くんの花やしきデート(仮)

てかサラちゃんコスの一希くん普通に可愛くておじさんになりそう、一希クン❗️おはよう😃今日もいい天気だネ

あんなに女装コス似合う中学生いるの??まじで??それが矢逆一希ですか、なるほど、最高。

 

そして安定のさらざんまいのうたでスピーディーな尻子玉回収…

 

 

いやその後だよ…私の心しんどくなってる全ての理由は…

 

猫とのラッキー自撮りミッションもコンプリートでいっしゅ☆して、忙しかった1日に疲れて川辺で寝てしまう一希…

そこにふと現れる燕太…からの、一希にキス

真夜中に一人で「まじか!??!?」って叫んでたよね普通に。

燕太の“繋がりたい”って感情が、一希への恋愛的な感情だった…

むり…しんどい…つらい…

久々にアニメ見てここまで心が持ってかれて苦しくなりました。

めちゃくちゃにここで感情移入して!みたいなあからさまな表現がないのに、気付いたら心が持ってかれてるっていう、なんとも絶妙な演出にやられました。

3話が待てずに次の日にはアニメイトでさらざんまいノベライズ版買ってました…

6話まで内容把握したけど、ノベライズ読んでも分かんないものは分からないし、辛いし苦しいし、でも少し変わりゆくものもあって、まぁなんかとにかくこれで半分とかもう意味が分からんやめてくれ〜〜って感じでした卍

とにかくアニメの今後も楽しみディッシュ…

久々に

こんばんは、みゅれです。

 

久々に開いたらずっと0だったアクセス数が3になっててびっくりしました。

見てくれた方ありがとうございます本当に。

よくこんなブログに辿り着きましたね、運命を感じますね(?)

 

まぁそんなこんなでまた投稿再開するのでよろしくお願いします。

まずは下書きにある記事を完成させましょう。

頑張れおたく〜〜〜!!

 

 

以上、今月の推しさん出演イベ参戦予定がLVのみで傷心中のキッズ、みゅれちゃんがお送り致しました。

若手声優のオタクがメイド喫茶にハマった話

こんばんは、みゅれと申します。

 

インフルエンザになって暇を持て余した結果、こんなブログを書いてます。

 

まぁ、オタクの思ったことの書き留めです。

今までいろんな方のはてなブログを見て、様々な解釈が見えて面白いなと思っていたので、その解釈の一部として自分の意見も誰かに知ってもらえたらなと言う次第です。

 

本題に入りますが、まず私はとある若手声優のオタクです。推しは2人ほどいます。

声優というと、やはりアニメやゲームなどのイベント、そしてそれらのコンテンツや、個人名義でのアーティスト活動などを通したライブ活動など、所謂“現場”と呼ばれるものがほぼ毎週末のようにあります。

私はそんな現場に通うのが大好きなオタクです。

 

大好きな推しの声を生で聴ける。

大好きな推しを生で見れる。

場合によっては接近戦で、お話ししたり、触れたりすることができる。

 

どんなに高いお金であっても、それで幸せになれるんだから良いものだなぁという思考です。

昨年は合計40強の現場に行きました。

これでも一応学生やってます。

アルバイトして稼いだお金そのまま推しへ流れている感じです。

 

 

しかし、そんな私がこの現場に通いたいという欲を満たせる新しいものを見つけてしまったのです。

そうそれが、タイトルの通り、

メイド喫茶」です。

 

 

 

まず私が感動したことが、メイドさんがめちゃくちゃ話しかけてくれるってところです。

勝手なイメージで、メイドさんは料理運んできてくれておまじない掛けてくれるだけだと思ってたんですよ(偏見)

でも、ご飯待ってる途中とか、食べてる途中、食べ終わった後とか、本当に色んな時に隙みて話しかけてきてくれるんです。

本当に他愛もない話をするんですけど、可愛い女の子と他愛もない話できるってとっても幸せじゃないですか???

ちなみに、声優の推しのこと知ってるメイドさんいて、めちゃくちゃゲームの話盛り上がったりもしました。

 

次に、驚きの価格です。

入国料と1オーダー一番安いの合わせて、1000円ちょい。

え!??1時間も接近戦してもらえて1000円!???

本当にこれびっくりしました。

しかもチェキ1枚800円。

え!??5000円払って推しとチェキ撮ってた私なんだった!????

ちなみに4000円くらいでチェキと自分にめちゃくちゃファンサしてくれる、ほぼ自分の為なライブしてくれちゃいます。

こんな贅沢なことあります??

石油王の遊び??

一般学生が出来ちゃっていいの??

 

あと、いつでも気軽に行けるってこと。

当選しなくても行けるんですよ!??

積まなくても行けるんですよ!??

なんて平和!!!!びっくり!!!

好きな時に好きなだけ推しに会えちゃう…

世界一幸せな場所すぎませんか…

贅沢すぎるこんなの…

当たるかも分からないのに何枚も同じCDとかDVD買ってたあれなんだったん…

いちいち当落に怯えてたのなんだったん…

現場がなくて禁断症状みたいになって、推しに会いたくて一人で号泣してた夜ももう無くなりました…

 

 

 

しかも何って、1回行っただけで2回目にはもう覚えてくれてる子いるんですよ…

○○ちゃん!また来てくれたの!!って…

お世辞だったとしても喜んでくれるの嬉しいじゃないですか…

声優追っかけてて、やっぱ認知どうこうとかってあるんですよ。

推しがラジオでメール読んで、認知発言してめちゃくちゃダメージ受けたりするわけですよ。

まぁ自分の頑張り足りないのかなとかも思いますけど。

でも認知でマウント取り合うこともないし幸せ!平和!

 

あとオタクの関係性。

メイド喫茶に通ってる常連の皆さん、めちゃくちゃ温厚すぎて幸せになれる。ほんと。

多分みんながメイドさんに癒されて幸せだからだよね(?)

こないだなんてペンライトお裾分けしてもらっちゃいました。

なんか、やっぱ声優(特に若手)だと、追っかけててオタク同士の揉め事というか、色々ありまして…私も色々ありまして…

推しにリプ送るだけで裏で色々言われるとか、もうなんかしょっちゅうだし、迂闊に推しのこと外で話せないなって思っちゃってます。

大体推しの名前伏字で呟くよね。

 

 

まぁ何って、若手声優のオタク疲れたー!って話と、メイド喫茶はいいぞ!って話です。

特に言いたいことは、メイド喫茶はいいぞってことです。

 

こんなこと言いつつ、これから積んだCDのシリアル入力作業をします。

まぁ結局、オタクってこんなもんですよね。

人生楽しいのでそれでいいかなって思ってます。

 

 

最後までありがとうございました!